HOME >レーザー脱毛で注意すること

レーザー脱毛で注意すること

レーザー脱毛前に注意すること

医療レーザー脱毛が安心な理由

渋谷でレーザー脱毛を行う前に気を付けておくべきことがあります。

1.日焼け
レーザー脱毛を始める時期で一番多いのは夏の時期です。
理由は、肌を露出する機会が多く、人によっては海に出かけるなど無駄毛に一番気を遣う時期だからです。
夏の紫外線で日焼けになる人も少なくないと思いますが、レーザー脱毛を施術する際には日焼けに注意する必要があります。
なぜなら、レーザー脱毛は黒い色に反応するので、脱毛箇所ではなく、黒く日焼けしている所にレーザーがあてられ、痛みを伴ったり肌トラブルの原因となります。
渋谷でも日焼けの度合いにもよりますが、治療を受け付けてくれない所もありますので注意しましょう。

2.施術前の自己処理
初めてレーザー脱毛を受ける人は、戸惑うと思いますが、治療を開始する前は、自己処理が必要になります。
レーザー脱毛をやってくれる場所によっては、その場でやってもらえる所もあるので、事前にしっかりと確認を行いましょう。
自分で行う場合、気を付けるべき点は、毛抜きは行ってはいけません。
毛抜きを行うと肌にダメージを与えてしまったり、レーザー脱毛で施術するべき、毛の根本も抜いてしまいます。シェーバで程よく毛を残して治療に臨むことをおススメします。

3.お酒
渋谷で脱毛する日はお酒を飲んでいるとレーザー脱毛は受けられません。
これは、アルコールを摂取することで血流が良くなり、体温が上がり、かゆみや赤みなどの肌トラブルを招く可能性があるからです。
また、血行が促進された肌は敏感になってしまい、普段は何ともない少しの刺激でも痛みを感じやすくなり、レーザー脱毛のパワーも弱くし、効果も半減してしまいます。
前日に少しだけでもと思う方もいるかもしれませんが、万が一のトラブルを回避するためにもお酒の強い人でも禁酒をしましょう。

レーザー脱毛後に注意すること

上記でレーザー脱毛治療を受ける前に注意しなければならない点をご紹介しました。しかし、注意するのは治療前だけではありません。脱毛治療後の肌はちょっとした変化でトラブルを引き起こすことがあります。

注意点1:湯船につからない
医療機関で行うレーザー脱毛は威力が強いためしっかりとした効果が得られる反面、毛穴は火傷をした状態です。治療後は適切なアフターケアを行っているため肌は正常な状態に見えますが湯船につかり血の巡りを良くし、体が火照った状態になると炎症を引き起こすこともあります。

注意点2:肌を乾燥させない
感想は肌にとって良いことではありません。さらに脱毛後の肌は本来肌を守るはずの毛がなくなっていますから刺激にとても敏感になっています。渋谷はビル風や日差しがとても強いので肌の潤いを保つことはとても重要なことです。脱毛後は肌がスベスベになるのでその感触を確かめながらクリームなどで保湿するのもいいと思います。